メニュー

腹筋を割るために腹筋運動をしていませんか??

[2021.11.24]

みなさんこんにちは!トレーナーの野崎です。

 

みなさんは腹筋を割りたい!と思った時に、まず初めに何をしますか?

腹筋を割りたければ腹筋運動でしょ!と思った方、意外と非効率かもしれません。

 

まず初めに腹筋は誰しも割れています。ですが、体脂肪率が高い方は皮下脂肪などによって腹筋が隠れてしまっている場合が多いです。ですので、そのような方は腹筋運動ではなく、まず初めに体脂肪を落としましょう!そうすることで徐々に隠れていた腹筋が見えてくるようになりますよ!

 

ですが、腹筋も筋肉なので、腹筋運動で形づくり(溝をつくる、分厚くする)や、筋肥大させる必要があります。そうすることでシックスパックができてくると思います。ある程度、脂肪が落とせたら、トレーニングをしましょう。

 

おすすめの腹筋種目5選

 

カールアップ

 

 

息を最大限に吸って、吐きながらお腹を見るような意識で上肢を丸めていきます。しっかりと呼吸を意識しましょう。

 

インアウト(両脚ver)

 

 

インアウト(片脚ver)

 

 

両脚がきつい方は片脚で行いましょう。脚を伸ばした時に腰が反りやすい方は背中にチューブなどを挟んで隙間ができないようにチューブをつぶしながら行いましょう。

 

ロシアンツイスト

 

 

腹斜筋を鍛える種目です。ダンベル、プレートなどで負荷を与えながら、ひねっていきます。自宅で行う場合はペットボトルなどでも代用ができそうです。

 

レッグレイズ

 

 

比較的強度は高めの種目です。やり方を間違えると腰などを痛めやすいので、注意しましょう。脚を真上に上げるときに手のひらで地面を強く押すことがポイントです。余裕がある方は両脚をゆっくりとおろしていくことを意識できると強度が高くなります。

 

器具などはほとんど使わずに自宅などでもできる種目がほとんどなのでぜひ試してみてください。

ブログカレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

HOME

ブログカレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME