メニュー

サツマイモダイエット??

[2020.12.23]

みなさんこんにちは!トレーナーの野崎です。

 

今回はダイエットを実践していく上で重宝するであろう非常に優秀な食材、サツマイモについてご紹介していきます。

 

 

 

レジスタントスターチとは?

 

炭水化物は主に糖質(消化される)と食物繊維(消化されない)に分けられます。レジスタントスターチは別名、難消化性デンプンとも呼ばれ、糖質でありながら小腸内で消化されずにそのまま大腸へと運び込まれ腸内細菌のエサになります。デンプンとはぶどう糖(グルコース)がいくつか結合した多糖類のことを指します。サツマイモはある条件を満たすことでこのレジスタントスターチが豊富な食材に変わります。

 

レジスタントスターチの効果

 

レジスタントスターチは冷めることで消化されにくい構造に変化し、加熱することで消化されやすい糖質になります。例えば、サツマイモに限らず、冷めた白米、冷やしたポテトサラダなどもレジスタントスターチが豊富で消化がゆっくりになります。これに伴い以下の効果が期待できます。

 

・血糖値の上昇抑制

・便秘解消

・アンチエイジング

 

食物繊維と似たような働きをするため、摂取することでLDL(悪玉コレステロール)の生成を抑え、HDL(善玉コレステロール)の増殖を促します。

 

焼き芋はNG?

 

サツマイモをダイエット食にする上で注意していただきたいことは、焼き芋にして食べるのはおすすめできないということです。ホッカホカの焼き芋にして食べるとおいしいですよね!ですが、これが逆に太りやすくなってしまいます。ですので、サツマイモをざく切りにして皮ごとレンジで加熱して冷やして食べる。これがおすすめです!

 

ゆっくりと長い時間をかけて加熱することで糖度が増して太りやすくなってしまいます。ざく切りにすることで短い時間でも中まで火が通りやすくなります。さらにサツマイモにはカリウムが含まれているため、むくみ解消が期待できます。さらにヤラピンというサツマイモ特有の成分が皮の部分に多く含まれているため、皮ごと食べるのが良いでしょう!このヤラピンが食物繊維との相乗効果で便秘の解消に繋がります。

 

 

 

 

ダイエットを進めていく上での一つの参考にしてみて下さい!

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME