メニュー

【バックカントリー】一味違ったスキーの楽しみ方とは?

[2019.10.30]

みなさんこんにちは!BLUE8の菅原です。

朝起きるのが寒さでつらい時期がやってきましたね。先日、帰宅途中に温度計を見るとなんと1度でした。

 

寒さとともに冬が近づいてきていることを感じさせられ、スキーが大好きな私は、ウキウキしています。岩手県内には特色のあるいろんなスキー場がありますが、スキーの楽しみ方は一般的なスキー場のゲレンデだけではないことをご存じですか?

 

IMG_3922

 

スキー好きの私が今回お届けするのは「バックカントリースキー」の魅力です。

 

今年の4月に、八幡平の麓にある「LODGE CLUBMAN」さんのベテランガイドお二人に案内していただき、初「バックカントリー」にチャレンジしました。4月となるとほとんどのゲレンデはシーズンを終えている時期ですが、バックカントリーはこの時期も楽しめます!この日は、天気も良く絶好のアウトドア日和でした。初バックカントリー、そして初アスピーテラインで興奮していました。

 

バックカントリーとは?

バックカントリーとは、整備されたスキー場のゲレンデではなく、自然の雪山を滑るスノーレジャーです。

 

 

大自然を堪能できる!

整備されていないまっさらな雪山を滑るのはとても気持ちがいい!整備されたコースしか滑ったことがなかった私には、とても新鮮でした。また、天気に恵まれたおかげでランチは木々に囲まれた大自然の雪山で食べることができました。

 

IMG_0731

 

ハイクアップの達成感

リフトで上ってゲレンデを滑るのと違い、バックカントリーはハイクアップ(雪山を登ること)から始まります。ブーツで登るのではなく、板を履いたまま登るのがまた楽しい。

 

登っている途中も大自然を感じられ、頂上まで登ると絶景の景色が待っています。

 

頂上までの道のりにはところどころ急斜面もありましたが、あの絶景を見れると思うとまた登りたくなります。

 

IMG_0690

▲岩手山をバックに記念撮影!絶景です。

 

ポイントを熟知していないと道に迷ってしまったり、雪崩に巻き込まれてしまう危険性もあります。初めての方にはバックカントリーツアーの参加をお勧めします。ガイドさんがサポートしてくださるので安心して楽しめます!

 

スキー場の雪がなくなっても、バックカントリーならより長くウィンタースポーツが楽しめますよ。みなさんも今シーズン、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

*LOGDE CLUBMAN(ロッジクラブマン)さんのウェブサイトはこちら

➡2019/20シーズンの予約もスタートしているそうです!

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME