メニュー

【高校野球 & 都市対抗野球】"Blue8的" 9月の岩手の球界ニュース

[2021.09.22]

岩手県内独自の緊急事態宣言もようやく明け、各種公共スポーツ施設の利用が元通りにできるようになったり、飲食店の営業時短要請が解けたり、少し動きがあったここ最近の岩手県。

 

そんな中、県内の野球界ではBLUE8的ニュースが2つほどありました。ちょっとご紹介していきますね。

 

①高校野球秋季県大会

一つ目は、高校野球の秋季県大会です。1,2年生主体の新チームとなって初めての公式戦となるこの大会、花巻東高校が4年ぶりの優勝を決めました。また、今回は公立勢の活躍も目立ちました。準優勝に輝いた久慈東高校、見事な勝ち上がりでした!第3位となり東北大会出場権を勝ち取ったのは盛岡大学附属高校。今夏の甲子園での躍動が記憶に新しいですが、それはすなわち新チームの調整に少なからず影響もあったと推察します。そんな中、やはり力を見せるのはさすがモリフです。

 

また、準決勝に進んだ花巻南高校、そして強豪・一関学院を下した千厩高校など、やはり公立勢の勝ち上がりが印象的でした。

 

 

今回の秋季県大会では「花巻東高校」「盛岡大学附属高校」「盛岡第三高校」の3チームのメンバーリストに、中学時代BLUE8でトレーニングを積んでいた選手たちの名前がありました。今後もずっと応援していきたいですね!

 

>>花巻東、4年ぶり頂点 岩手県秋季高校野球(岩手日報 / 2021.9.21)

 

 

②都市対抗野球岩手県予選

社会人野球の最高峰である都市対抗野球大会への出場権をかけた岩手県予選の準決勝・3位決定戦・決勝が、洋野町オーシャンビュースタジアムにて開催されました。優勝に輝いたトヨタ自動車東日本(金ヶ崎町)、準優勝のJR盛岡(盛岡市)、第3位の水沢駒形野球倶楽部(奥州市)の3チームが、来月宮城県で行われる東北2次予選への出場を決めています。

 

 

当初今回の県予選は岩手県営球場(盛岡市)での開催が予定されていたのですが新型コロナウィルスの影響で順延・会場変更を余儀なくされました。変わらずの盛岡開催であればスタッフも現地で観戦予定だったのですが、洋野町での試合では観戦が叶いませんでした。

 

BLUE8では、これまで幾名かの選手の方々に足を運んでいただいているJR盛岡の試合をツイッターで検索しては、試合展開を追っていました。念願の現地観戦はお預けとなりましたが、東北2次予選での躍動を応援したいと思っています!

 

>>JABA(公益財団法人日本野球連盟)都市対抗野球 ウェブサイト

>>JABA 岩手県野球連盟公式ブログ 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME