メニュー

【ダイエット】どんなことを意識する?失敗しないための6つの秘訣

[2021.07.12]

みなさんこんにちは!トレーナーの野崎です。

 

男女問わず、多くの方々が一度は経験したことがあるであろうダイエット。今では〇〇をするだけ!、〇〇を飲むだけ!という謳い文句で宣伝をしているものや、それって本当に正しいやり方なの?という疑問が多い情報で溢れています。

 

 

この方法で行えば誰でも必ずダイエットが成功する!といったものはありません。だからこそいち早く自分に合った方法を見つけていくことが鍵になってきます。そのためにはダイエットに限ったことではありませんが「自らで実践して習慣化させる」ということが前提としてあげられます。どんなに良さそうな方法があったとしても実際に取り組んでいかないと結果は見えてきません。ですので、今回はあくまで個人的な意見、考え方ですがダイエットにフォーカスして習慣化させるために具体的にどんな行動をとっていくべきか、ダイエットに失敗しないようにどんなことを普段から意識していけば良いのかを紹介していきます。是非参考にしてみて下さい。

 

今の食事を一生続けられるかどうか

 

みなさん、この2つのパターンを想像してみてください。

・パターン1.朝、昼、晩の3食、自分の好きな食べ物だけを食べる生活。

・パターン2.朝、昼、晩の3食、自分の嫌いな食べ物だけを食べる生活。

 

1年間続けることができそうなのはこの2パターンのうちどちらですか?

 

かなり極端ですが多くの方がパターン1を続けやすそうだと感じると思います。ダイエットが続かない、失敗しやすい方はパターン2のようなやり方になっていることが多いです。さらに一例を出すと過度な糖質制限などで一時的には瘦せることはできても、その食生活を続けることができずにリバウンドしてしまうといったところです。反対にダイエットに成功している、無理のない範囲でコツコツと継続できている方はパターン1のようなやり方で行っているでしょう。もちろん上記の2パターンはわかりやすくするための例えなのであくまでも継続できそうか、そうではないかという点で見ていただければと思います。毎食自分の好きなものだけを食べて瘦せることができたら苦労はないですよね(笑) ある程度は普段よりも食事量、どんな食べ物を摂取していくかを考える必要はあります。

 

 

ダイエットをする上で普段の食事は切っても切り離せません。そこでダイエット目的の方はもう一度ご自身の食生活を見直してみましょう。今の食生活を一生続けることができますか?その食生活で健康的に瘦せていけると思いますか?続けることができない、すぐに挫折してしまうという方には必ず原因があります。何を行うにしても体が健康であってこそ成り立つと思うので、極端ですがこれを一つの指標にしてみてください。

 

マイルールを作る

 

最初は続けられそうな範囲で自分なりのマイルールを作ることをおすすめします。例えば以下のように書き出してみましょう。

 

・運動は最低でも週に2回は行う。

・週に1回は自分の好きなものを食べる。

・家にお菓子や甘い物などをストックしない。

 

このようになんでも良いのでいくつか考えてみて下さい。紙にでもマイルールを書いて常に視界に入る場所に貼っておくというのも良いかもしれません。自分自身としっかり向き合うために守れなかったときのペナルティを用意しておくことも大切だと思います。

 

 

逃げられない環境に身を置くor作る

 

自分自身でやらなければならないという状況を作り出すということです。例えば、「ジムのロッカーに家の鍵を入れておく」です。こうすることでジムに行かないと家に入れないという状況を作ることができます。ジムに行くまでの足取りが重いという方、サボり癖がある方にはとても効果的かと思います。ダイエットにおいて食事はもちろん重要ですがトレーニングもしっかりと行わないといけません。本来であればこのようなことをしなくてもジムに行く習慣ができれば良いのですが、なかなか難しいという方はこのようにあえて自分を追い込むというやり方も一つかと思います。友達などを巻き込み一緒に行う、自分の目標を公言するというのもよいかもしれませんね。

 

体重計の数値に一喜一憂しない

 

 

ダイエットとなると、気になるのが体重だと思います。一日に何回も体重計に乗ってその数値に一喜一憂していませんか?

 

1日の食事量、水分量、運動量などで体重は大きく変動します。朝と夜とで1kg以上も差があった!なんてことは少なくありません。そのため体重計に乗るのは一日に一回で良いです。朝起きて排泄した後のタイミングがベストです。体重はあくまでもダイエットの進捗具合を見るための指標として捉えるのが良いでしょう。体重だけに執着せずに、「見た目がどう変化しているか」に重点をおくと良いかと思います。体重を落とすことだけが目的なのであればそれで良いですが、そうでなければ体重の数値を追いすぎるのはやめたほうが良いでしょう。

 

目的を明確にする

 

何のためにダイエットをするのか、達成後どう変化していたいのか」、ここが明確になっていないと途中で挫折してしまい続かない原因に繋がってしまうことが多いです。実践していく前にもう一度、ご自身のダイエットをする本当の目的を考えてみると良いでしょう。食事制限をすることが本来の目的ではないと思います。ダイエットに成功した後にあなたはどんな姿になっていたいですか?ここまで具体的にイメージができるとさらに良いですね!

 

常に80点を目指そう!

 

ダイエット=「辛い」というイメージをもったままだとなかなかうまくいかないことが多いです。自分自身で前もって決めていたことが実行できないこと(不測の事態に直面する。)もあると思います。例えば、自分で決めた食事のルーティンの中に牛肉〇gとしていた時にスーパーに牛肉が売り切れていたらどうしますか?このようなときは臨機応変に対応して別の種類のお肉でも良いと思います。大切なのは「継続」です。一定期間継続しているとこのようなことは多くあると思います。こんな時はこのように対処しよう!などど予測できる範囲で自分自身で事前に決めておくと不測の事態に直面した時に楽だと思います。食事にしろ、運動にしろ常に100点満点でなくても、80点くらいをコンスタントにとっていくイメージで行うと継続しやすいと思います。自身の生活の一部に適度な食事の管理と運動を浸透させて習慣化し、無理なく楽しんでダイエットを進めていくことで心の余裕も出てくるでしょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。文頭でもお話ししましたが、あくまでも個人的な意見、考え方です。これがすべてではないと思いますが、参考にしていただけると嬉しいです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME