メニュー

筋肉痛の時もトレーニングはすべき??

[2021.01.06]

みなさんこんにちは!トレーナーの野崎です。

 

久しぶりに運動した日や、ハードなトレーニング内容をこなした次の日は筋肉痛になるときがあると思います。そのような時も気にせずにトレーニングをしてもよいのか。さらに、どのようにトレーニングプログラムを組んでいけば良いかまで一例として紹介します!

 

 

休むこともトレーニングの一環

 

筋肉痛が出ているときは、少なくとも痛みのある部位のトレーニングは控えた方が良いでしょう。やるのであれば痛みの出ていない部位のトレーニングをするか、軽めの内容で行うのが良いと思います。筋肉痛がある時に無理をしてトレーニングをすると、その部位の可動域が狭くなったり、痛みで集中できないといったデメリットが生じることがあります。休むこともトレーニングの一環です。筋肉痛が出ているときはトレーニングをoffにして筋肉の回復を優先させましょう!

 

トレーニングプログラム作成例

 

例えば、全身のトレーニングを週2回行っている方であれば月曜日と木曜日をトレーニング日にしてその他の曜日をoffにするといった感じです!週の頻度がこのくらいであれば特に大きい筋肉(胸、背中、脚)を中心に行うのが良いと思います。

 

週2回全身のトレーニングを行う方のトレーニングプログラム例

 

あくまで一例ですが、頻度が多い方などは部位別にしてトレーニングすることをおすすめします。その日にトレーニングする部位の組み合わせはご自身の都合の良いようにやってみてください!1つのポイントとしては特に強化したい部位は単独で行うことをおすすめします!そうすることで1つの部位に集中できるためです。

 

 

週4~5回トレーニングを行う方の部位別トレーニングプログラム例

                   

 

筋肉痛がひどい時には無理をせず、休養をとりましょう!そしてたくさん栄養を摂りましょう!トレーニングが生活の一部までになってくると良いですね!

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME